HVD

お問合せ・見積り依頼CONTACT

   MENU

モノづくりの全てに携わる
責任感とやりがい。

2009年 入社

野々山 昭太Shouta Nonoyama

設計開発/技術部 2チーム チームリーダー

学生時代は機械力学、材料力学、電気回路などエレクトロニクス分野の学問を専攻。現在は、企業のコンセプトモデル製作など数多くの新規プロジェクトに携わっている。

入社を決めた理由は何ですか?

自分の夢に共感してくれた社長。

幼少期に、子供ながらに「もっと伸び伸び遊べる場所が欲しい」と感じていました。そのことがずっと心の片隅に残っていて、いつしかそんな公園をつくることが夢になっていました。面接の時、その話を社長に話す機会があったのですが、真剣に話を聞いてもらい、すごく共感してくれたことを今でも覚えています。自分の夢を真剣に聞いてくれた社長に共感してもらったことで、原田車両設計なら夢を実現するチャンスがあると感じて、入社を決めました。

入社当時はどんな気持ちでしたか?

経験が不安を自信に変えていく。

入社当初は、学生時代に学んだ材料力学などの知識が実際の仕事で通用するのか不安でした。ですが、評価・検証を重ねながら、自分の手でつくった製品を世の中に出していくこを繰り返すことで、不安が自信に変わっていきました。仕事において正確性と俊敏さが求められます。そのことを常に意識しながら仕事をしていました。

現在の業務内容を教えてください。

すべての工程に携わることができる醍醐味。

現在は、企業のコンセプトモデルの製作、某家電メーカーの新規事業のお手伝い等、複数の新規プロジェクトに携わることが多いです。業務内容としては、ソフト設計からハード設計、試作、塗装、組み付けまですべての工程に携わっています。総合的な提案ができることが原田車両設計の強みであり、この仕事の醍醐味です。
また、チームリーダーとしてチームの運営も行なっています。プロジェクトが円滑に進むよう、工数管理、負荷調整、目標管理などチームのマネジメントも重要な仕事の一つです。

今後の目標は?

さらなる技術の追求を目指して。

現在取り組んでいるのは、原田車両設計の強みであるセキュリティレベルやアウトプットの品質を伸ばしていくことです。強みをより追求していくことで、他企業のベンチマークとなる技術を提供し、与える側になっていきたいです。個人の目標としては、総合的な提案ができる幅広い分野で活躍するジャンルレスなディレクターを目指していきたいと思います。

1日の
スケジュールONE DAY

9:30

事務指示

お客様からのメール対応、
社内連絡など事務作業は午前中に対応しておきます。

13:30

チームメンバーに業務指示

細かな指示は直接メンバーのデスクで。
いつでも相談しやすい雰囲気づくりを心がけています。

15:00

お客様と打ち合わせ

お客様の要望をヒアリング。
最適な提案をするためにいろいろな質問をしていきます。

18:30

社内会議

各案件の進捗確認をして状況を把握していきます。
チームメンバーとの大切なコミュニケーションの時間です。

その他の
インタビューOTHERS

お気軽に
お問合せください