HVD

お問合せ・見積り依頼CONTACT

   MENU

働き続けたいと思える
会社で仕事ができる幸せ。

2004年 入社

樹神 由記Yuki Kodama

設計開発/技術部 1チーム

美術学部のデザイン科を卒業後、クリエイティブな仕事としてモノづくりに携わる仕事に興味を持ち原田車両設計に入社。現在は技術部でシート設計の仕事などを担っている。

入社を決めた理由は何ですか?

クリエイティブな仕事として「モノづくり」を考える。

大学時代は美術学部のデザイン科で学んでいました。就職活動をはじめる際に感じていたのが、このままデザインを続けていくのかということ。以前から車のデザインが好きで、車に関連するモノづくりなら、今まで学んできたクリエイティブな知識や経験を活かせるのではと考えるようになりました。「モノづくり」は理系という先入観がありましたが、原田車両設計が文理不問とのことで、採用してもらえるのであればと応募したのがきっかけです。

入社当時はどんな気持ちでしたか?

自分の理想とする仕事がここでならできる。

文系出身ということで少し不安でしたが、いざ入社してみると原田車両設計には理系出身者だけではなく、自分と同じような文系出身者や中途入社で他業種から入社した人たちがたくさんいることに驚きました。お互いを認め合い、その人が持っている知識や経験を共有することで、様々な視点からアイデアが出てくる。ここでなら、自分の理想とする仕事ができると感じていました。

現在の業務内容を教えてください。

シート設計で専門性を高めていきたい。

主に自動車のシート設計を行っています。車のコンセプトやターゲットユーザーなどを念頭に置き、それらの要件を満たすシートを設計していきます。長時間座ることも想定した人間工学的な観点や、デザイン性など様々な視点が必要とされます。幅広い専門性が必要とされますが、それがやりがいにも繋がります。
これまで数多くのシートを設計してきましたが、自分で設計したシートが搭載された車が発売され、ディーラーに試乗しに行くのが楽しみの一つ。試作段階で何度も座っているのですが、実際に世に出たシートに座ると不思議と違った感覚を味わうとこができるのが面白いです。

原田車両設計の魅力は何ですか?

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方ができる。

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方ができるのが魅力です。以前は残業をしたり、早目に出勤したりして時間を捻出していましたが、結婚を機に働き方を考えるようになりました。そのことをチームリーダーに相談すると希望する働き方ができる環境を整えてもらうことに。上司に相談することで、会社が動いてくれたことがとても嬉しかったです。

1日の
スケジュールONE DAY

9:00

メールチェック

メールをチェックしながらのコーヒータイム。
これが毎朝の日課になっています。

13:00

自席で社内MTG

自分一人だけで考えるよりも同僚や上司に相談することで、より質の高いアウトプットができます。

15:00

休憩時間

女性スタッフで休憩タイム。
男性が多い社内環境ですが、女性スタッフもたくさん活躍しています。

16:00

図面折り

プリンタで出力した図面を手で折っていきます。
図面はお客様に渡す大切な商品になるので、丁寧に扱います。

その他の
インタビューOTHERS

お気軽に
お問合せください