HVD

お問合せ・見積り依頼CONTACT

   MENU

チャレンジし続けることが
会社と自分を強くする。

2008年 入社

青木 優Suguru Aoki

組込ソフトウェア/技術部 4チーム リーダー

高校時代にプログラムを学び興味を持つ。その経験から大学では電気電子情報工学専攻。自動車関係のソフトウェア開発ができる企業を希望し、原田車両設計に入社。

入社当初はどんなことをしていたか?

立ち上げメンバーとしてのやりがい。

入社当時、ソフトウェア開発部門は立ち上がったばかりの部署で、自分たちの力で創り上げていくところにやりがいを感じていました。最初の頃は「どうしてその仕様なのか?」と問われることが多く、周りは経験豊富な方々ばかりだったため、敢えて自分で考えさせられる機会をたくさんもらいました。その時の経験が今の仕事でも活かされています。設計の理由や根拠を考える。本当に必要なものを考えることの重要性を学ぶことができました。

現在の業務内容を教えてください。

自分のプログラムが機械を動かしている。

機械設計のメンバーと協力しながら、本社内でソフトウェア開発や電子回路設計を行っています。例えば、スイッチを押したらモーターが回る、センサーに反応があったらLEDを点灯させる等の命令パターンを機械に組み込んでいくのがソフトウェア開発の仕事になります。自分でプログラムしたものが動く。単純ですが、自分のプログラムで動いている製品を見るのは面白いですね。

原田車両設計の魅力は何ですか?

幅広い知識を得られる恵まれた環境。

責任も伴いますが、社歴に関係なく裁量を与えてくれる環境は魅力です。その点、中途半端な仕事はできません。成長するために挑戦する機会を与えてもらえることに感謝しています。
また、風通しもよく、上下関係も厳しすぎない、心地よい人間関係も魅力です。身近に各分野のプロフェッショナルがいて、そこから様々な技術を学ぶことができます。幅広い知識を得られる恵まれた環境だと思います。

今後の目標は?

幅広いノウハウを蓄積していきたい。

ハードもソフトも全て自社内で開発を行うことが目標です。
原田車両設計では実績がない案件だとしても、すぐに他の会社に仕事を依頼するのではなく、まずは一度自社で実現可能か検討してみるという考え方で仕事を請けているため、新しい事にチャレンジする機会があります。自社で対応することでノウハウを蓄積し、次の仕事に活かしていく。この繰り返しが会社を強くしていくのだと考えています。

1日の
スケジュールONE DAY

10:30

設計に関する情報収集

社内には設計・開発に関する書籍がたくさんあるので、そこから情報収集。必要な書籍があれば会社で購入してくれます。

13:00

日程表・見積作成

お客様とスケジュールを共有する日程表の作成、見積書の作成も大切な仕事です。

14:00

回路製作

手作りの基盤で動作確認をしていきます。
自分が設計したソフトウェアで問題がないか実際に検証していきます。

17:30

上司に相談

上司に案件の進捗報告をしつつ相談。
設計の改善点などのアドバイスをもらえるので、しっかりとメモしていきます。

その他の
インタビューOTHERS

お気軽に
お問合せください