HVD

お問合せ・見積り依頼CONTACT

   MENU

設計者として、人として、
成長できる場所。

2018年 入社

神野 涼介Ryousuke Zinno

設計開発/技術部 4チーム

大学の法学部で法律を学んでいたが、大学3年の時の技術派遣会社のインターンシップに参加。モノづくりの面白さを知り、エンジニアになることを目指す。その後、2018年に原田車両設計に入社。

入社を決めた理由は何ですか?

原田車両設計の理念や考え方に共感。

エンジニアになることを目指しましたが、文系出身でエンジニアとして受け入れてくれる求人が少ないのが現状でした。そんな状況で出会った文理不問でエンジニアを募集している数少ない企業の1つが、原田車両設計でした。さっそく会社説明会に参加。社長の話を直接聞く機会をいただき、社会貢献を目指している理念や経営哲学に共感できたので入社を決意しました。

現在の業務内容を教えてください。

自分の設計する部品が重要な役割を担っている。

入社後の研修を終え、現在は電動車いすの設計に携わりCADを使って小さな部品の設計を行っています。小さな部品とは言え、その一つひとつが重要な役割を担っています。そのことを常に意識して、緊張感を持って設計をしています。イメージを頭に思い描き、それを実際に形にしていくことの難しさを痛感する毎日です。
入社当時は、文系出身であるため足手まといにならないかと不安に感じていましたが、先輩方が丁寧に教えてくれるので不安は徐々になくなっていきました。自分の意識としても「文系だから」と考えないようにしています。結局、重要なのは自分の仕事にどれだけ真剣になれるかだと思います。

原田車両設計の魅力は何ですか?

エンジニアとして幅広い経験ができる環境。

自動車産業に限らず、様々な分野の仕事ができるところです。
原田車両設計が自動車開発で培ってきた技術を幅広い産業や業界に活かしています。会社として専門性を高めていくことも重要ですが、異なる分野の仕事を請け負うことで、新しい技術や知識が広がっていきます。エンジニアとしても様々な経験をさせてもらえることが魅力ですね。

今後の目標は?

幅広い分野の設計知識を身に付け挑戦を続ける。

現在は電動車いすに関する業務をメインで行っていますが、将来的には自動車、航空機、宇宙機器など幅広い分野の設計知識を身に付けていきたいです。特に航空機やスペースシャトルの設計には挑戦してみたいと思っています。
また、経営哲学への理解を深め、マネジメントの業務にも携わっていきたいです。エンジニアとして、まだ道半ばですが、やりたいことはたくさんあります。その実現のためにも、これからも夢を追い求めていきます。

1日の
スケジュールONE DAY

9:00

社内清掃

毎週月曜日は、全社員で掃除します。
社内環境を整えることも大切な仕事の一つ。
綺麗なオフィスは、仕事の効率アップにつながります。

13:00

上司に相談

具体的なアドバイスをしてもらえるので、ついつい相談してしまいます。自分の力で解決できることを一つずつ増やしていきたいと思います。

15:00

休憩時間

束の間の休憩タイム。
休憩時間ですが結局、仕事の話をすることも。

17:30

CADを用いて設計業務

思い描くイメージをCADで設計。
さまざまな視点からチェック、先輩社員にアドバイスをもらって精度を高めていきます。

その他の
インタビューOTHERS

お気軽に
お問合せください